• 無料の会計ソフトで業務の効率アップ

    • 個人や5名以下の会社であれば、手書きで帳簿作成でも間に合うかもしれません。



      しかし、このような人たちでも会計ソフトを導入したほうが経理業務の時間を飛躍的に削減することができます。小規模だと会計ソフトの導入コストがかけられないという場合があるかもしれませんが、それならば無料の会計ソフトを使うと良いです。



      フリーソフトやオープンソースのソフトで、基本機能を無料で使えたり、一部の機能だけお金を払うようにして提供されています。



      無料のソフトでも、仕訳を入力するだけで試算表、総勘定元帳、損益計算書、貸借対応表、を自動的に作成することができます。



      日々の経理業務や決算期の業務の手間が大幅に削減されて、本業に時間をかけることが出来るようになります。



      無料のソフトを使う場合、簿記3級程度の知識がある人がいれば対応可能です。
      自計化されたシステムとは言え、仕訳作業の時に何を入力しているのかがわからないと経理業務に支障を来すからです。

      https://oshiete.goo.ne.jp/qa/5657608.html

      転記は自動的にやってくれるので、転記の知識まではいりません。簡単な会計知識だけでも対応可能なので、多くの企業で導入されています。

      http://www.sankei-digital.co.jp/news/pdf/20101015_press.pdf

      転記や計算が自動化されることで、帳簿の記入ミスや計算ミスといったケアレスミスが減ります。

      会計ソフトでは仕訳の数字に矛盾がある場合、メッセージが表示されて入力を遮ってくれます。

      なので、単純なミスによる時間の損失を防ぐことができます。

      https://m3q.jp/html/legal

      無料で試してみて、気に入ったら有料版にアップグレードしても良いでしょう。

  • 関連リンク

    • 無料プランのある人気のクラウド会計ソフトについて

      個人事業主や副業で収入を多く稼いでいる人の場合には、手間や経費を節約するためにクラウド型の会計ソフトの導入を検討している人もいるでしょう。会計ソフトにはパッケージ型のものとクラウド型のものがあり、パッケージ型の場合にはパソコンにインストールして使用するタイプのものを指します。...

    • SOHOに役立つ無料会計ソフトの実力

      フリーライターやフリーミュージシャンなどは、在宅でできるSOHOの仕事もあります。SOHOのメリットは、自分の得意なことを仕事に生かせる、病気などで自宅からで出られない人でもパソコンさえ使えれば仕事が出来る、といったことです。...