• 無料の会計ソフトで入力の手間を省く

    • 収入や支出があった時、それを取引として入力して記録をつけます。



      これが経理業務で、期間によって日次、月次、年次、の3つに分けられます。

      法人タブレットの喜びの声を頂いています。

      経理業務は、昔は手作業で行っていました。

      コントロールセンタが話題になっています。

      帳簿にペンで取引を記入して、転記して貸借対応表や決算書などを作成するという気の遠くなるような作業です。
      いまではそれが、ほとんどは会計ソフトで自動的に行えるようになっています。



      会計ソフトによって機能は異なりますが、基本的にできることと言えば、仕訳と自動転記です。

      DMMモバイルの評判の情報が詰まったサイトです。

      これがあるからこそ会計ソフトと言っても良いくらいメジャーな機能です。
      無料でも仕訳と転記だけならば無料で使えるものがあります。

      http://girlschannel.net/topics/910491/

      また、経営分析のためのツールとして役立てることもできます。
      グラフや表にして日々の取引情報が出力されるので、経営者はそれを見て損益を考えれば効率的な経営に近づけることができます。


      また、無料のソフトでも、給与計算ソフトなど周辺ソフトと連携できるものも多いです。

      http://okwave.jp/qa/q823733.html

      給与計算と経理は一元化しておきたいデータなので、連携ができるソフトを選ぶようにしましょう。

      https://4meee.com/articles/view/711131

      逆に言えば、給与計算と連携できない会計ソフトは使いづらいと言えます。


      また、会計ソフトで便利なのがネットバンキングやクレジットカードの情報を自動的に吸い上げて帳簿につけてくれる機能です。

      いちいちソフトを立ち上げて入力しなくても、利用履歴と取引内容が自動的に入力されるので、手間とそれにかかる人件費を削減することができます。

  • 関連リンク

    • 無料の会計ソフトのセキュリティ事情

      無料の会計ソフトだと、会計システム導入の費用が大きく抑えられるというメリットがあります。その反面、無料だからこそセキュリティが不十分なのではないか、という懸念も生まれるかもしれません。...

    • 会計ソフトは無料版で比較する

      企業にとって会計ソフトを使うことはとても急を要することです。なぜなら、多くの企業が会計ソフトを導入して、飛躍的な成長を遂げているからです。...